スポンサーリンク

Pocket

本日ベルサール汐留にて行われている、栗田出版販売の債権者説明会の資料が、参加者によりFacebookにアップロードされていた。債権者リストを見ると、大手・中堅出版社は数千万〜億単位の債権を抱えている。

【関連記事】
栗田出版販売(業界第4位の取次)が倒産 / 負債総額は134億円超と過去最大
栗田出版販売倒産の余波 / インプレスは債権6500万円に取立不能または取立遅延の可能性
栗田出版販売の支払い遅延も要因 / 児童書や教員向け雑誌を発行する国土社が倒産

大阪屋との統合時期は来年前半

会場はすごい人らしい(説明会も2度にわたって開催される)。来年前半には大阪屋と統合される見通しとのことだが、債権はどの程度の額が戻ってくる見込みなのだろうか(会場では、いまは見込みも含めて言えないと説明されている模様)。

取立不能または取立遅延等の影響を受ける可能性のある出版社は多く、続報を待ちたい。

Pocket

スポンサーリンク