スポンサーリンク

Pocket

業務上、たまにPDFを結合する必要に迫られる時がある。

具体的には、イラストレーターで作成した見開きごとのラフレイアウトのPDFをまとめる時や、章ごとに分かれた校正用のPDFデータを出力サービスでプリントアウトする時だ。

ファイル数が少なければ「プレビュー」という選択肢も

ご存知の方も多いと思うが、PDFはmac標準アプリの「プレビュー」で、手軽に結合することが可能である

ただ、手作業になる上に(手動でコピペしていく方式)、まとめるPDFファイルが増えるほどページの順番が入れ替わるなどミスが発生しやすいのが難点だった。ファイルが10個を超えると修業レベルと言っていい。

社外秘や発表前のデータを扱うことが多いので、ウェブ上のPDF結合サービスも使用できない。

どうしたものかと思っていたら、同じくmac標準アプリの「Automator」で、簡単に結合できることがわかった。正直、使う頻度が高くメジャーな「プレビュー」と違い、存在すら知らなかったアプリである。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-02-12-02-15

▲右下が「Automator」。何のアプリかまったくわからないアイコンだが、実は使える奴だった。

ワークフローを作成してサクサク結合

「Automator」を立ち上げると、まずは書類の種類の選択を迫られる。PDFの結合に関しては、ワークフローを選べばOKだ。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-02-12-03-49

ワークフローを選んだ後は、右にあるエリアに、結合したいPDFファイルをドラッグ・アンド・ドロップする。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-02-12-05-00

その後は、「PDF」タブを選び、「PDFページを結合」をダブルクリック。さらに、「ファイルとフォルダ」タブの「Finder項目を開く」をダブルクリックしてから「実行」をクリックすると、数秒後には結合されたPDFファイルが開く。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-02-12-05-52

開いたPDFファイルを「別名で保存」すれば、作業は完了。プレビューでコピペしていたのはなんだったんだと思うほど簡単だ。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-02-12-07-57

macの標準アプリは使っていないものが多いが、他にも便利なものが眠っているのかもしれない。

Pocket

スポンサーリンク