スポンサーリンク

Pocket

仕事で急にIllustratorを使う必要が出てきたため、時間の節約(CS2と比べると、いまのバージョンのIllustratorは使い勝手が圧倒的に良い)とコストカットを兼ねて、デジハリのオンラインスクールを受講することにした。

実際には受講しないのだが、申し込みをすることでソフト(Creative Cloud)のライセンスに学割が適用されるからだ。受講したほうが普通にライセンスを買うより安くなるという、謎の仕組みである。

意外とメジャーな方法らしいものの、私は全く知らなかったので、同じ境遇の方に向けての記事ということで。

誰でも申し込めて価格が48%オフに

コストを比較すると下記のようになる。

ノーマルライセンス:年間64,540円(税込)
学生・教職員ライセンス:年間25,660円(税込)=約60%オフ
デジハリ経由の学生・教職員ライセンス(受講料込):年間33,380円(税込)=約48%オフ

デジハリ経由は、通常の学生・教職員ライセンスより7,720円高い。つまりこれが、学生になる代金=講座料なのだろう。それでも約半額になるのだから、申し込まない手はない。

スクリーンショット 2016-07-25 00.46.52

デジハリ経由の唯一の難点は、ライセンスの自動更新が使えないので(使うと更新時にノーマルライセンスに移行されてしまう)毎年オンライン講座に申し込みし直さないといけないところ。

誰でも申し込めて半額になるなら、正直、最初からAdobeがこの価格で提供して欲しいのだが……。

認証コードは郵送でやりとり

購入すると、1週間くらいでライセンスの認証コードが書かれたカードが宅急便で送られてくる。Adobe IDにログインし(持っていない場合は新規登録)、認証コードを入力するとすぐに全てのソフトがインストールできるようになった。

スクリーンショット 2016-07-25 01.03.36

使えるまでに時間はかかったが、手間自体はたいしたことがなかった。現在ノーマルライセンスで使っている方も、更新のタイミングで切り替えを検討しても良いのでは。

Pocket

スポンサーリンク