スポンサーリンク

Pocket

業界第4位の取次・栗田出版販売の倒産(負債総額134億円超)による影響が、早くも出始めている。

【関連記事】
栗田出版販売(業界第4位の取次)が倒産 / 負債総額は134億円超と過去最大

PC系書籍に強いインプレスは、子会社3社の売掛債権約6500万円に、取立不能または取立遅延の可能性があると発表。それを受けて、株価も続落している。

出版社が連鎖倒産する可能性も

134億円超という負債総額的に、さらに深刻な状況にある出版社は多いと見られる。債権回収の状況によっては、出版社の連鎖倒産が起こってくる可能性があり、そうなると、著者やライター、デザイナーなどにも影響が出てくる(フリーランスだと、50万円回収できないだけでもけっこう痛い)。

栗田出版販売自体は、民事再生で業界第3位の大阪屋との統合を進める方針だが、倒産の余波は想像以上に大きいかもしれない。

Pocket

スポンサーリンク