スポンサーリンク

Pocket

35歳を過ぎて、体力の回復スピードが落ちたのを実感している。同い年のヘビーに働いている知人たちに話を聞くと、彼らも例外ではなく、リカバリーおよび体力維持にいろいろと工夫をしているようだ。

割合としては、腕の良い鍼灸師に施術してもらっている人と、ジョギング+食の改善に取り組んでいる人が多かった。

日本ならどこにでも温泉は湧いている

私は食生活は比較的まともなので、体力維持とリカバリーのため、週1で平日夜に温泉に通うことにした。有酸素運動を兼ねているので、徒歩もしくは自転車で片道20〜30分圏内のところが望ましい。

都市部ならほぼどこでも似たような状況だと思うが、さすが温泉大国日本、自宅(千歳烏山)の近くに候補地が3つもあった。

千歳烏山・久我山エリアの温泉比較

近さならオードリーの若林氏も通ったという高井戸駅前の「美しの湯」(徒歩20分)。隣に美登利寿司(渋谷マークシティ&西武で人気のコスパが優秀な寿司屋)があり、温泉&寿司が手軽に楽しめる。ただ、クチコミで常連のマナーの悪さが目立つのが微妙。

安さなら「そしがや温泉21」。460円で天然温泉などに入り放題という驚異的な価格設定だが、やはり相当な混雑らしい。リカバリー目的で疲れるのは避けたい。

結局、通うのに決めたのは環八沿いにある「THE SPA成城」。この中ではもっとも値段は高いものの(私が行くことが多い21時以降は割引で860円)、2回視察したところ、広くて適度に空いておりマナーも良好だ。自転車で20分程度なのも、運動にちょうど良い。

豊かな気分と抜ける疲れ

通ってみた結果としては、疲れが抜けやすくなり仕事もはかどっている。露天風呂の景色以外は、都市型の温泉も温泉地とあまり変わらない印象。最近疲れやすいという方は、近所の良さ気な温泉をチェックしてみてはいかがだろうか。

Pocket

スポンサーリンク