スポンサーリンク

Pocket

「家賃が安い」「初期費用が安い」などの理由でシェアハウスが人気を集めているが、住んでいる知人に聞くと、共同生活ならではのトラブルは、多少なりとも絶えないという。

だったら、いまこそあえて”ひとりかふたりで団地に住む”という選択肢はアリなのではないだろうか。場所によっては、コスト面でシェアハウスを上回る物件もある。

家具は付いていないので初期費用はかかるが、スペースは広く、共同生活によるトラブルもない(近隣住民とはあるかもしれないが)。

世田谷区の格安団地の実情

私がひとりで住んでいる物件で言うと(実家の所有物件)、家賃相場は5万4400円~8万7800円。スペースは32.85平米~45.33平米と幅があるが、だいたい20畳くらいはあると思っておけばいいだろう。交通に関しては、千歳烏山駅、久我山駅、富士見ヶ丘駅と3駅が利用可能(ただしどこからも徒歩12分くらい)。

同じくらいの条件の団地(築年数が相当古い物件)は、各所に存在しているはずだ。

フリーランスやSOHOにもおすすめ

フリーランスがひとりで住むなら仕事スペースと居住スペースを分けられるし(私も事務所兼住居として使っている)、和室がレトロで良いと思えるなら、自宅サロンなどを開くことも可能だろう。

近年、たこ焼きパーティや鍋会、勉強会をやるようになって、ある程度の広さがあるのはいいなと実感している。10人くらいなら余裕で入れるし、趣もあるような気がしてきた。

ふたりなら高円寺の風呂なしアパート並みのコストに

ふたりで住めば、さらにコストパフォーマンスは上がる。家賃7万円で計算すると、ひとり月3万5000円という、中央線の風呂なしアパート並の値段で、10畳ずつスペースを使える。もちろん、風呂・トイレもある。あと、一応、世田谷区だ。

特に上京したい若い人たちにはけっこうおすすめで、実際、たまに若いカップルが引っ越してくることがある。レトロさが受けているのか、外国人も見かけるようになった。

東京でできるだけ住居費を抑えたいという方は、団地住まいを検討してみてもいいのでは。

Pocket

スポンサーリンク