スポンサーリンク

Pocket

漫画家・オカヤイヅミ氏にごちそうになって以来、すっかりハマってしまったのが「よだれ鶏」。手間がかかりそうな印象があったのだが、何回か作ってみたところ、ほぼ予熱調理で本当に簡単にできることがわかった。それをさらに、極限までシンプルにした作り方をシェアしたい。

作業時間5分でできるシンプルよだれ鶏

材料(2人分)
鶏むね肉……1枚
しょうが……1片
かいわれ大根(ベビーリーフ等でも)……適量
★たれ
醤油……おおさじ1.5(2でもOK)
酢……おおさじ1
辣油……おおさじ0.5
ごま油……おおさじ0.5

作り方
1. 鍋に水を入れて(鶏むね肉が浸かるくらい)沸騰させる。その間にしょうが1片の皮をむき、4つくらいにカット。たれの材料も混ぜておく。湯が沸騰したら鶏むね肉としょうがを鍋に投入。
2. 再び湯が沸騰したら、鍋に蓋をして火を消し、25分ほど放置(タイマー推奨)。
3. 鶏むね肉を鍋から出し、まな板でスライス(熱いのでトングで鶏を固定して包丁で切るとはかどる)。皿に移し、かいわれ大根を添え、たれ(たぶん分離してるのでひと混ぜしてから)をかけて出来上がり。

2015-05-14 15.20.32-1

ねぎだくなどのアレンジも簡単

鍋で予熱調理している時間を入れなければ、作業時間は実質5分ほど。よだれ鶏が旨いのはもちろんだが、鶏を茹でた湯も、しょうがの効いた鶏スープとして使えて無駄がないのがすばらしい。サバ缶カレーと並び、殿堂入りの時短レシピである。

栄養価を考えると、かいわれ大根よりもベビーリーフを添えるのがいいだろう。小ねぎを大量に入れてねぎだくにしたり、たれにハチミツを入れたり、簡単にアレンジができるので、いろいろ試してみるのもいいのでは。

Pocket

スポンサーリンク