スポンサーリンク

Pocket

このところプロレス人気が再燃しているが、その中心を担っているのが新日本プロレスで、その新日本プロレスの人気を支えているエースが、”100年に1人の逸材”棚橋弘至氏だ。

その棚橋氏の初写真集『1/100 The one-hundredth』(扶桑社)が、6月7日に発売になるとのこと。

81DqgEq6lDL

棚橋氏の著書『棚橋弘至はなぜ新日本プロレスを変えることができたのか』(飛鳥新社)は、知人の人気スポーツライター・茂田浩司氏が企画・編集を手がけているのだが、こちらの写真集は、元同僚の敏腕編集者・奈良岡崇子氏が編集を手がけている。

私はどちらかというと担当著者の関係でキックボクシング、総合格闘技、ボクシングを観ることが多く、プロレスにはそれほど詳しくない。ただ、超満員の両国国技館のリングで蝶野正洋氏のケンカキックを(着ぐるみ着用で)受けたことがあるのは自慢だ(こちらの映像の3分54秒あたり)。

飯伏幸太氏&小橋建太氏との対談も収録

話を写真集に戻すと、収録コンテンツは以下の通り。対談も豪華だが、個人的には「もしも棚橋弘至が書店員だったら」 が気になる。本のセレクトなどもしているのだろうか。

◎撮り下ろしグラビア
◎SPECIAL対談「棚橋弘至×飯伏幸太」
◎タナコレ TANAHASHI COLLECTION 2013~2015
◎逸材書店 もしも棚橋弘至が書店員だったら
◎SPECIAL対談「棚橋弘至×小橋建太」ホスト:ユリオカ超特Q
◎占いで棚橋弘至を徹底検証!
◎【証言】レイザーラモンRG(芸人)、角田龍平(弁護士、タレント)
◎迷言大賞 WORDS FROM TANA
◎ロングインタビュー 迷路があるからプロレスは面白い!

引用:Amazon『1/100 The one-hundredth』より

グラビア撮影は、写真家・望月孝氏が手がけている模様。プロレスファンはチェックしてみては。

Pocket

スポンサーリンク