スポンサーリンク

Pocket

ダイエットや筋トレで大きな敵となるのは、モチベーションの低下だ。知人の心理カウンセラーは、「1カ月後に2kg痩せたら1億円もらえるなら、絶対みんな痩せますよね」と言っていた。

確かに一理あり、ダイエットや筋トレが成功するかは、モチベーションが全てと言ってもいいのかもしれない。

名言でもモチベーションは維持できる

今年絶版になったこともあり、昔エージェントを担当した、古家政吉トレーナーの著書『細マッチョ肉体改造法』(講談社)を読み直していると、懐かしい気分になった。

脂肪を燃やし、細マッチョになる方法を指南した男性向けの本である。発売1カ月で3刷とスマッシュヒットを記録した。

本書は、理論だけでなくモチベーション維持にも重点を置いており、モチベーションが低下したときのために、『心が折れそうになったとき「効く」言葉』と題していくつか著名人(やキャラ)の名言を収録している。発売から4年経ったいまも色褪せないので、ここで一部紹介したい。

ダイエットの本を読んだだけでやせた人はいない

イチロー「少しずつ前に進んでいるという感覚は、人間としてすごく大事」……著者コメント「鏡や体重計で日々の前進を確認することも大切」

須藤元気「ダイエットの本を読んだだけでやせた人はいない」……幻冬舎刊、『神はテーブルクロス』より。著者コメント「読んだことを実践した人だけが、細マッチョになれます」

アルベルト・アインシュタイン「簡単な解決策が見つかったなら、それは神の答えなのだ」……著者コメント「細マッチョになるならシンプルに筋トレ&ジョギングです」

ドラえもん「人にできて、きみだけにできないなんてことあるもんか」……小学館刊、藤子・F・不二雄『ドラえもん』より。著者コメント「心にしみます」

班長「今日をがんばった者……今日をがんばり始めた者にのみ……明日が来るんだよ……!」……講談社刊、福本伸行『賭博破戒録カイジ』より。著者コメント「悪人ならではの説得力!」

引用:古家政吉『細マッチョ肉体改造法』(講談社)

ダイエットや筋トレで心が折れそうなときは、ぜひご活用を。ちなみに私は、この本をつくることで75kgから60kgへと減量に成功(身長は175cm)。以後も、リバウンドなしで60kg強をキープしている。

Pocket

スポンサーリンク