スポンサーリンク

Pocket

「山梨石和シェアエコハウス」のアテンダント・安福可奈子さん(株式会社ゲイト)にインタビューした記事が、ウェブマガジン「未来区」に掲載された。

リモートワーク・自宅サロン・レンタルスペースなどが一体化

女性の働き方や地方創生に興味がある方は記事を一読いただきたいのだが、安福さんは会社員という立場で山梨石和温泉エリアに移住し、プロジェクトを立ち上げている。

リモートワークと一軒家サロン、レンタルスペースなどが一体化した働き方は、いま盛り上がりを見せている自宅サロン(おうち起業)のオルタナティブと言える。それを社内起業として実践しているのが斬新だ。

「山梨石和シェアエコハウス」をモデルケースとして支援サービスを展開

安福さんが所属するゲイトは、「山梨石和シェアエコハウス」のオープンと同時に、地方で働きたい女性に向けた支援サービスをスタート。地方在住女性の雇用創出と、増え続ける空き家の有効活用が目的である。

基本はレベニューシェア型だが、サポートを受けながら自立を目指せるため、地方在住女性には魅力的な選択肢ではないだろうか。詳細はゲイトのプレスリリースで確認できる。

「未来区」の記事と合わせて、こちらもチェックしていただけたらと。

Pocket

スポンサーリンク