スポンサーリンク

Pocket

現在、地方との二拠点生活を検討しており、知人がプロデュースした馬場美織氏の『週末は田舎暮らし』(ダイヤモンド社)を読んでから気になっていたのが、舞台となっている千葉県・南房総。

運良く仕事で2回訪問することができたのだが、本当にのどかで良いところだった。

2015-10-28 11.44.34-1

▲のどかな南房総・三芳地区。みかん狩りも盛ん。

漁港直営店では高級魚もリーズナブルに提供

南房総は新鮮な魚が食べられるのが魅力なエリアでもあり、特に漁港直営の「おさかな倶楽部」はものすごいボリュームに圧倒された。写真だとわかりづらいが、トレーは通常の倍くらいの大きさ。のどぐろや金目鯛などの高級魚もランチで安価に提供されている。

2015-10-23 11.20.142

▲刺身定食(特選3点盛)。

食べきれない人のために持ち帰り用のパックも販売されている。お客さんの中には煮魚をそのまま持参したタッパーに詰めている人もいた。夕食用なのだろうが、そういう利用方法もあるのか……。

南房総はなめろう発祥の地としても知られており、 全体的になめろうが推されていた。別の店で注文してみたが、こんなに大量のなめろうが盛られているのは初めて。普段少量しか食べないものが、大量に盛られていると多幸感がある(うに丼みたいなものだろう)。

2015-10-28 14.52.04-1

▲アジ2匹分のなめろう。

アクアラインの通行料金が800円と安くなり、東京からさらに通いやすくなったエリア。次回は館山の温泉宿あたりに泊まりつつ、もう少し散策してみたい。

Pocket

スポンサーリンク