スポンサーリンク

Pocket

7月14日20時〜放送のテレビ朝日系「たけしの健康エンターテインメント! みんなの家庭の医学」に、『腰痛完治の最短プロセス著者』(角川書店)の著者・西良浩一教授が出演する。本書は弊社がエージェントを担当。

本にも収録されているタイトハムストレッチを紹介

番組は「10秒ストレッチで劇的解消! 治らなかった腰痛の新原因 徹底解明スペシャル」と題して放送され、『腰痛完治の最短プロセス』にも収録されている、タイトハムストレッチが紹介されるとのこと。

推定患者数2800万人、40代以上の約4割もの人が悩まされている腰痛。しかし、検査などで骨に明らかな原因が見られるものはわずか15%。残る85%近くが検査をしても原因がわからない腰痛だ。

ところが近年、そんな原因不明の腰痛の中に、正しく対処すれば劇的に良くなる可能性が高い【新しい原因による腰痛】の存在が明らかになってきた。

そんな腰痛の新原因に注目しているのが、徳島大学大学院運動機能外科学教授で腰痛治療のエキスパート、西良浩一先生。西良先生が注目する腰痛の新原因とは、【腰とは全く別の場所にある筋肉】の異常。それが腰痛を引き起こしている可能性があるというのだ。

果たしてそれはどこの筋肉なのか?そして、その腰痛を改善する方法とは!?

引用:朝日放送ウェブ

番組の予告編はこちら。

 
慢性腰痛に悩まされている方は、番組と『腰痛完治の最短プロセス』をチェックしてみては。

Pocket

スポンサーリンク